年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

ビルケンの修理ならこちらをリコメンド -Cordonnerie La Cite-

日本から持ってきて愛用していた、BIRKENSTOCKのサンダルのソールがだいぶすり減ってきたので、修理できる店を探すことにしました。


一番下のアウトソール部分がすり減って、溝が消えてきてしまっていたのです。

f:id:montrealikuji:20180617101236j:plain

この部分です。

ネットの写真をお借りしましたが、この新作のサンダル、可愛いですね。

上のコルク部分まで到達すると、オールソール交換になり高くつくので、早めに修理に出そうと思っていました。

(放っときすぎて、以前一度やってしまいました…)


Westmountに、Birkenstock Naturinoというお店があるので、持ち込んでみたのですが、残念ながらそこでは修理はできないとのことでした。

もちろん、ビルケン自体は売っています。

可愛い子供靴もありました。

(ちょっとお高めです)


f:id:montrealikuji:20180616110803j:plain


f:id:montrealikuji:20180616110848j:plain


f:id:montrealikuji:20180616110933j:plain


修理できる店を尋ねてみましたが、わからないとのこと…

仕切り直しで、自力で、修理してくれそうなお店をもう一度探すと、見つかったのがこちらです。

f:id:montrealikuji:20180616111253j:plain

「Cordonnerie La Cite」

アジア系スーパーedenが入っている建物の地下にある靴屋さんです。


自分と夫のサンダル、1足ずつを持って、次女と訪ねてみました。

両方とも限定モデルで、私のアウトソールはピンク、夫のは黄色でそこが可愛くて気に入っていたのですが、

事前に調べると、交換となると、白、茶、黒から選ぶしかないようでした。

残念だけど、その中なら白かなぁ、と夫と話していました。


いい仕事をしそうな雰囲気の店主さんが、にこやかに対応してくれました。

「ソール交換をお願いします」と渡すと、

「いい色なのに残念だねぇ。白、茶、黒しか交換できないんだ」

と言われたので、

「両方とも白でお願いします」

と返したところ、

「んー、そこは茶色じゃないかな?上の部分がこの色だから、ホラ、茶色じゃない?」

と。


特に夫のサンダルに、茶色推しのようなので、

「アー、これ夫のなんですけど、白がいいって言ってたんですけど、ンー、店主さんは茶色をリコメンドする感じですかね?」

と言ってみると、

「いやいや、そんなに茶色をリコメンドするわけじゃないんだけど、でもほら、これに茶色を合わせると、こんな感じになるよ!」

わざわざ茶色のソールを持ってきて、サンダルに合わせてみせてくれました。

やはり茶色リコメンドのようなので、夫のは茶色にしてもらうことにしました。


私のは白で、ともう一度伝えると、

「んー、でも茶色にすると、これがこうなって素敵だよ!」

そちらも茶色リコメンドのようなので、結局私のも茶色に決めました。

なんだか人情味あふれるというか、信頼できそうな感じというか、そんなおじさん店主さんだったので、オススメに乗っかってみたのです。


明後日取りに来てね!と言われて、引換券を渡されました。

日本だと1ヶ月くらいかかったので、だいぶ早いです。

夫に、かくかくしかじかで茶色にしちゃったヨ〜、と告げると

「そんなリコメンドされたら、茶色しかないねぇ」

と言ってくれました。


2日後受け取りに行くと、ばっちり修理されていました。

アウトソールだけでなく、コルク部分も少し補修してくれており、きれいになって返ってきたので嬉しかったです。

色も両方とも茶色にして正解でした。

料金は1足45ドルでした。

ビルケンに限らず、他の靴の修理もやっているようです。

また必要になったら、ここに来たいと思います。