年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

2人の捨て魔

長女がデイケアに行き始めて3ヶ月近く経ち、すっかりデイケア大好きっ子になりました。

最近は外でかけっこをしたりするのが楽しいそうです。


夫がストローラーに乗せて送り迎えしてくれるのですが、長女がおみやげを持って帰ってきてくれるようになりました。


「ただいまー、ママちゃーん!

どうぞー。フーして」

帰り道で夫と摘んできてくれたらしい、たんぽぽの綿毛をプレゼントしてくれました。


f:id:montrealikuji:20180530102921j:plain

嬉しくて、言われるがままその場でフーしそうになりましたが、確実に部屋が大変なことになるので、すんでのところで思い留まりました。


黄色のたんぽぽなら押し花にするなどして保存しておけますが、この綿毛はどうしたらいいものか…

せっかく長女がくれたものだから、

と悩んでいると、


「捨てちゃいなよー」

「すてちゃいなヨー」

と、夫と長女自身からビックリ発言が。

この2人は『捨て魔』で、いらないな、と判断するとすぐに捨てられるタイプです。


長女は、幼児雑誌の紙素材の付録も、ある程度遊んだら自分でビリビリに破いてトドメを刺し、

「ごみ、ごみ」

とゴミ箱に捨てにいきます。


夫は、おそらく『断捨離』が流行る前からその道のプロでした。

油断するとドンドン物を捨てていきます。

私もあまり物を溜め込む方ではないと思っていますが、子供関係の物は大事にとっておきたいので、そっと隠していたりします。


これは夫もウッカリだったらしいですが、ある日ゴミ箱からゴミ袋を取り出して捨てる際に、

f:id:montrealikuji:20180530114739j:plain

も一緒に捨ててしまったようで、ゴミ箱が文字通り

「空」

になっていました。

何故そんなことが起きたのかはわかりませんが、我が家のゴミ箱の一つは、この黒い内側部分がありません。


さて、捨てるのを渋る私から、2人は綿毛を奪って仲良くゴミ箱に捨てに行き、手を洗って、

「お腹空いたねー」

と言っていました。

なんでこんなおみやげくれたんだ^^;


今日は楓の種子をおみやげに拾ってきてくれたそうですが、砕いて自らゴミ箱に捨てに行ったようで、見ていません^^;


明日は何をおみやげにしてくれるのかな。