年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

いつかまた花を飾りたい

長女が生まれたのは春でした。


出産予定日の少し前に、つぼみの状態の桜の枝を買っていたので、

産後退院して家に戻った時に、その桜は花を咲かせていて、

赤ちゃんの誕生を祝ってくれているようで嬉しかったです。


しかしその桜が枯れてしまうと、新生児のお世話で毎日が忙しくなり、新しく花を買って飾ることがなくなってしまいました。

それまでは何かしら花を常にリビングのテーブルの上に飾っていたので、何も置いていないテーブルを見ると寂しい気持ちになったものです。


先日、スーパーで切り花に目が止まりました。

f:id:montrealikuji:20180324050905j:plain

あまりに色鮮やかなので、染めているのかもしれません。

染色液に茎をつけて…と昔、理科でやったのを思い出します。


久しぶりに花を買いたい気持ちになりましたが、現在の部屋に置くにはハードルが高いかな、と思いやめました。


子供の手が届かないような高いテーブルがないので、花を見つけた長女が、

「おはな、おはな!o(≧▽≦)o」

と花瓶を取ろうとしてひっくり返し、

下で花をキャッチした次女が、

あーん(*´Д`*)、

…という図が容易に想像できてしまいます^^;


もう春ですね。

日がだいぶ長くなってきました。

長女ももうすぐ2歳です。

いつか、また花を飾りたいな。