年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

バスルームに閉じ込められた -追記-

『バスルームに閉じ込められた』

の追記です。


f:id:montrealikuji:20180316112931j:plain


無事、翌日に修理してもらって、バスルームの扉はスムーズに開閉するようになりました!


閉じ込められた夜の翌朝、夫が管理部に連絡してくれたのですが、この国らしからぬ(そしてこのアパートらしからぬ)迅速な対応にビックリしました。


訪問する際は事前の連絡をお願いしていましたが、当たり前のように突然やってきて、

取り立て屋ばりのノックからの、

ノータイムで土足で上がり込み、

というのは平常運転だったのである意味安心しました。


離乳食をあげている時だったので、突然の大音量ノックで、食事の邪魔をされて、次女が怒って泣いていました。


持ってきた機械で、壊れたドアノブをすぐ破壊して、新しいドアノブに付け替えてくれ、去って行きました。


うちのアパートは何かにつけ、

訪問時に不在だった場合は勝手に入ります、

という宣言をしてくるので、何か点検や設置などの予定があるときは気を張って待っていなければならないので、そこが気に入らないところです。

日時をしっかり指定してくれたらいいのですが、だいたいフワッとしています。


不在時には勝手に入るヨ!

というのはカナダだと普通なのでしょうか。

何が常識で何が非常識なのか、最近よくわからないことが多いですが、やはり自分の不在時に勝手に部屋に入られるのは嫌なので、なんとかならないのかな、と思うのですが。



とりあえず、ドアノブが直ってよかったです。