年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

年子と買い物 -行きつけのスーパー-

長女をベビーカー、次女を抱っこ紐で、私1人でもなんとか2人連れて行けるお店が、数少ないですがいくつかあります。


小さい子2人連れて買い物しているアジア人は目立つのか、

行きつけのお店のレジのマダムは、一回で我々のことを覚えてくれたようです。


最初訪れた時から、毎回、何かしら話しかけてくれます。

長女には、

「あら、あなた何ヶ月?歌っているのー!可愛いわねー!」

次女には、

「あなた大きいわね!2ヶ月?!

甥っ子はこんなに大きくはなかったわ!」

と言うのが、最初の会話だったかと思います。

とてもフレンドリーです。


重たい物は、

ストローラーのカゴに入れたらいいかしら?」

と、親切にもわざわざ運んでくれることもあります。

ありがたいです。


2人連れで買い物に行く時は、そのマダムのいる時間帯を狙って行きますが、いない時は、

「おばちゃん、いないねぇ」

と長女も残念そうです。


f:id:montrealikuji:20180228072054j:plain

長女お気に入りのフルーツピュレです。そのスーパーで買うことが多いです。

レジまで大事そうに持っていき、マダムにピッしてもらって返してもらうと、

「サンキュー」

とにっこりと言えていました。

マダムも、

「オー、ユアウェルカム!」

と嬉しそうにしてくれていました。

因みに、我々の後ろに並んでいたお兄さんにも、

「オー、君のおかげで今日がいい一日になったよ!グッジョブ!

と褒められていました。


私もいい一日でした。