年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

夫と料理酒

f:id:montrealikuji:20180302133519j:plain


モントリオールに来たばかりの頃の話です。

部屋の片付けとともに、日用品を揃えている時に、調味料で料理酒も欲しいね、という話になりました。


f:id:montrealikuji:20180302133503j:plain

このようなイメージで、アジア系スーパーや、近所のスーパーの調味料コーナーを探しましたが、見つかりませんでした。


当たり前なのですが、料理酒はお酒なので、リカーショップじゃないと置いていないのでは、と気づき、近所のSAQに向かうこととなりました。

その際、夫が、

「日本人は若く見られるから売ってもらえないかも。

パスポートを持って行こう!」

と提案し、そうすることになりました。


料理酒、は置いてありませんでしたが、日本酒がいくつかありました。

割高ではありますが、白鶴が720mlで$10程度だったので、料理酒として購入することにしました。他には月桂冠などがありました。


レジで、夫が念のためパスポートを取り出そうとすると、レジのおじさんに、

「いやいや、お父さん、そんな子供連れててパスポートとかいらないからーw」


…と爆笑されたな、ということを、昨日手羽元を煮込んでいるときにふと思い出しました。

しかし、そんなに笑わなくても。


手羽元の甘辛煮は夫の好物で、お肉嫌いの長女も最近食べてくれるようになったので、よく作ります。

水、醤油、砂糖、みりん風調味料(やはり本みりんは見かけません)、白鶴で煮込んでおくだけで、簡単に美味しくできます。

白鶴、活躍しています。