年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

コインを減らしたいな

f:id:montrealikuji:20180216125824j:plain

財布の中を整理していると、このコインを見つけました。

カナダの25セントコインですが、普段みるコインとは違って、ピンクリボンのシンボルマークが真ん中についています。

調べてみると、2006年に3千万枚発行された記念コインのようです。

よく見るものではバンクーバーオリンピックの記念コインがあったり、カナダには他にも色々記念コインがあるようなので、また出会えたらいいなと思います。


普段の買い物、私は現金派です。夫はカードで支払うことが多いですが、私はほぼ現金を使っています。


カードを使ってもいいのですが、せっかくならその国のお金を使ってみたい、というのが理由なのです…が。


f:id:montrealikuji:20180216125545j:plain

モントリオールに来て少し経った頃、やけにお財布が重たくて、中を確認してみると、

薄々気付いてはいましたが、溜めに溜めたコインがその原因でした。

数えてみると、なんと21ドル分のコインが中に( ˙-˙ )


カナダのコインは、大きさは違えど色が似通っているので、パッと見では区別がつきにくいです。

1ドル2ドルコインはわかりやすいですが、5セント、10セント、25セントを同じ場所に入れておくと、ただただ、

銀色のコインがいっぱいだ〜╰(*´o`*)╯、

という感じで分かりにくいことこの上ないです。


そして、2013年の1セント廃止に伴い、現金での支払いの場合、端数の分は、0、5、10、の一番近い数字に切り上げ切り捨てされるようになっている、というのが面白くもややこしいところです。


レジの表示金額が、

$1.01 $1.02なら→実際は$1.00支払う

$1.03 $1.04なら→実際は$1.05支払う

$1.06 $1.07なら→実際は$1.05支払う

$1.08 $1.09なら→実際は$1.10支払う

という具合です。


この2つの理由プラス、子供がぐずって早く店を出たい時や、後ろに人がたくさん並んでいる時、特にモタモタしてはいけないと思い、紙幣でパッと支払ってしまうことが多くて、結果コインが溢れかえっていました。


しかし、カナダ人と思われるお客さんでも、レジでゆっくりお会計している人は多いです。

そして、後ろに並んでいる人でそれを咎めて声をかける人などには、今のところ遭遇していません。


幸いなことに、子連れにフレンドリーな方も多いです。

子供2人連れてお会計しようとしていたら、レジ係のマダムが、

あら、可愛い!あなた達も見に来なさいよ!

と、両隣のレジ係のマダム達に声をかけて、3列のレジを同時に止めてしまったことがありました(;゚Д゚)

混んでいる時間帯だったので、後ろの人達に申し訳なく思いましたが、幸い気にしている人はいないように見えたのでよかったです(^^;


レジでうっかりコインを出し間違えても、あと何セントよ、と教えてくれ、ちゃんと出せると、

「パーフェクト!」

と言われたりするので、なんだか褒められた気分になります(笑)


とにかく、この地ではそんなに慌てる必要はないんだな、と気付いてからは、カナダで買い物をするのがだいぶ楽になりました。

コインが溜まりがちになることもありますが、地道に使っています。


子供達がお昼寝から起きたら、またちょっと買い物に出かけようと思います。