年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

赤ちゃん連れ

fire alarmのように苦手なこともありますが、モントリオールの人々は、本当に赤ちゃん連れに親切でフレンドリーです。



基本的にどこへ行っても、誰かしらが子供たちに笑いかけてくれたり、話しかけてくれたりします。



私1人で、抱っこ紐とベビーカーで子供2人を連れてエレベーターを待っていた時。

ドアが開いたけれど満員のようだったので、次を待とうと思っていたら、1人の女性がおりてきて、自分は次の階でおりるだけだから、あなた達乗りなさい、と言われました。


こんな親切に日本で出会ったことがなく、ビックリしましたが、有り難く乗せてもらうことにしました。




バスやメトロに乗る際も、ベビーカーはそのままで乗って大丈夫で、乗ったあとも誰かしらが席を譲ろうとしてくれます。 

こちらを見た途端、何人かがバッと立ち上がって声をかけてくれたりします。


杖をついたおばあさんに声をかけられ、さすがに固辞しようとしましたが、逆に座りなさい!と怒られたこともありました。




雪道で段差で苦戦していると、通りすがりの人がヒョイと一緒にベビーカーを持ち上げてくれたり、階段のあるお店の前にいると、手伝おうかと声をかけてくれたりもします。




本当にありがたいです。

そういうことを自然にできる人になりたいです。


f:id:montrealikuji:20180116052103j:plain