年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

あったらいいかも 日本のアイテム -子供のもの編-

子供のもの編です。



子供達のものは、衣類、オモチャ、絵本など日本で使っていたものは基本的にそのまま持ってきました。


特に重宝したものを書いておこうと思います。

こちらも思いついた順で書いてみます。




☆お気に入りの毛布



出発前日の夜まで長女が使っていたもので、やや嵩張るので出発後に早めに日本から送ってもらおうかと思っていましたが、夫が気を利かせてスーツケースに詰めておいてくれていました。


これが大正解で、環境が激変したにも関わらず、泣いたり怖がったりすることもなく、初日からそれにくるまってスンナリ寝てくれました。



スーツケースには、子供達の衣類中心に詰めていたのですが、毛布も入れていてよかったです。




☆ダッコルト



なんだそれ、という感じですが、長女用の抱っこ紐です。



1歳3ヶ月頃から徐々にベビーカーやカートを嫌がるようになり、乗せていても途中で、おりて歩く!やっぱり抱っこ!となることが多くなり、特に妊娠中は大変でした。



普通の抱っこ紐を使おうとすると嫌がって大暴れするので、


(次女妊娠前は時々使っていましたが、産後久しぶりに使ってみたらすごく嫌がりました)


カナダ行きが決まった際、空港などでベビーカーに乗ってくれなかったらどうしよう…ずっと10kgの長女を抱っこで移動は大変すぎる…

と困っていたところ、あるタレントさんのブログで紹介されていたのを見て購入しました。



f:id:montrealikuji:20171225131637j:plain



HPの画像です。


『遊び疲れたわが子を軽々片手抱っこ』


というキャッチフレーズで、半信半疑で購入しましたが、正にその通りで、神アイテムでした。



エアカナダで、羽田空港トロント空港経由でモントリオールに来たのですが、実はベビーカーを紛失されたため(!)トロント空港ではずっとこれを使って私が長女を抱っこして歩きました。


(ママママ期のため、夫の抱っこは嫌がってしまいダメなのです)



当たり前のように紛失されましたが、日本のように空港内でベビーカーの貸し出しもないし、12時間のフライトで疲れ切った中の長距離抱っこは、これがなかったら乗り切れなかったと思います。



保険として持って行ってよかった!



渡航する予定がなくても、同じようにベビーカーやカートを嫌がって、歩く!やっぱり抱っこ!となるお子さんを持つ方にはオススメです。


軽くて畳むとだいぶコンパクトになるし、公園や買い物に行くとき役立ちます。



…ちなみに紛失されたベビーカーですが、


トロント空港では「もうモントリオール空港に送っちゃったと思うてへぺろ☆(・ω<)」、


モントリオール空港では「来てないけど、明日には自宅に届けるよ☆(・ω<)


とか適当なことを言われましたが、しばらく行方知れず。

結局無事届いたのは3日後でした。


とりあえず再会できてよかった。




☆スキンケア用品



子供用のボディソープやクリームは日本のものを数ヶ月分持って行きました。


皮膚トラブルを起こしてもこちらでは気軽に受診できないし、特に冬の間はこのまま日本の製品を使い続けていこうと思っています。



他にも、赤ちゃん用綿棒、爪切り、鼻吸い器、ガーゼなどもなさそうなので、持ってきてよかったです。




☆離乳食、オヤツ



もう月齢的にも幼児食に入っていて、瓶詰めの離乳食などは食べたりはしていませんが、お気に入りのふりかけやレトルトのカレーなどは持っていきました。


オヤツも、好きなおせんべいやビスケット、ラムネ、ゼリーなどを持っていきました。



環境が変わって、食べ物も急に変わってしまうと、子供にはしんどいだろうと思い、こちらも数ヶ月分持って行きました。

飛行機にも持ち込みました。



徐々に持参したものも減ってきて、こちらでもお気に入りのオヤツなどもできてきたので、またまとめたいと思います。



***********

長々と書いた割には、大人のものも子供のものも、かなり微妙なラインナップではありますが…



自分がカナダ移住が決まった際に、色々な方のブログを読んで参考にさせていただいたので、これから渡航予定の方などに、少しでもお役に立てたら嬉しいです。