年子赤ちゃんとモントリオール

お茶とキノコ大好き長女&マッチョ系次女とのモントリオールでの生活を綴ります

アパートメント LaCiteでの思い出いろいろ②

古い建物なので、色々トラブルも起こりました。

 

montrealikuji.hatenablog.jp

montrealikuji.hatenablog.jp

montrealikuji.hatenablog.jp

montrealikuji.hatenablog.jp

 

 

その他に、アパートのマネージャーとの珍事件が何度かあったので、書いてみたいと思います。

 

f:id:montrealikuji:20181003151632j:plain

(写真は、最初に借りた、家具付きの部屋です。きれいでしたが、間接照明少しのみ&北向きなので、真昼でもこのくらい暗かったです)


 

①勝手に部屋に入ってきた

 

1ヶ月程経ち、モントリオールでの生活にやっと少しずつ慣れてきた頃の話です。

リビングで子供と昼寝をしていたら、玄関の方からガチャガチャ聞こえてきたので、

夫がこんな早い時間に帰宅?と寝ぼけた状態で近づいていくと、

鍵を開けて部屋に見知らぬ女性が入ってきました。

衝撃でした。


f:id:montrealikuji:20181003152415j:plain


人は本当にビックリすると何も言えなくなるようで、

ただ立ち尽くす私に、

「アー…、イッツオーケー」

と言って、女性は出ていきました。

 

 すぐさま鍵を掛け直し、

(でも向こうは鍵持ってるー!)

とりあえず出て行ってくれたことに安堵しましたが、


ナンダッタノ、イマノ…?!


と物凄く怖くなり、夫に慌てて連絡を入れました。

 鍵を持っていたことから、アパートのマネージャーの1人では?疑惑が浮上したので、夫が仕事帰りに確認してくれたところ、やはりそうでした。


103号室(仮)に用事があったのに、間違えてうちの108号室(仮)の鍵を開けて入っちゃったわ、ということだったらしいです。

当たり前のように、謝罪の言葉はなかったと言っていました。


なんかもう、色々どういうこと?!と突っ込みどころ満載の事件でした。

知らない人がいきなり部屋に入ってくるというのは、結構ショック&ストレスだったので、

「もうダメだ…

私は国に帰りたい」

と、弱気な遣唐使のような発言を繰り返しては、しばらく夫を困らせていました。




②部屋の内見バトル


カナダに来てびっくりしたことは数知れずですが、私にとって1、2を争うビックリだったことは、


「部屋の内見をする時は、今の住人が普通に生活している中に、大家が希望者を連れて入ってOK。

不在の時は、勝手に入ってOK。

内見の日時を予め、今の住人に知らせる義務はない

(だから、日時は勝手に大家が決めてOK)」


でした。

日本では考えられないことですが、カナダにはこれを認める法律もあるそうです。


f:id:montrealikuji:20181003153044j:plain


来年度は部屋を更新しない、とアパート側に意思表示してから、バンバン内見がくるようになりました。


「義務はないけれど、内見の1日前までには、日時を文書で今の住人にアナウンスする」

というのが一応のアパートのルールでしたが、

うーん、まぁ、色々ありました…


アパートにはマネージャーが何人もいて、個性豊かだったので、夫とあだ名をつけていました。


長くなりそうなので、続きます。




 

 

アパートメント LaCiteでの思い出いろいろ①

住んでいたアパートメントのことについて、書いてみたいと思います。

LaCiteというアパートに住んでいました。

モントリオールダウンタウン辺りで部屋を探していると、割とすぐ引っかかってくるので、検討している方のお役に立てれば幸いです。

 

**********

 

f:id:montrealikuji:20180918144340j:plain

 

住んでみての感想をザックリ言うと、

 

【良かった点】

☆地下にスーパーやドラッグストア、100均的Dollarama、ちょっとしたフードコートなどもあって、冬でも部屋着のまま下りていけるので、とても便利。

☆その中に、アジア系スーパーedenもあって日本人が欲しい食材が大体手に入るのが嬉しい。

☆立地もいいので、車がなくても、週末のちょっとしたお出かけにもそんなに困らなかった。

 

【難点】

★古い建物ゆえに、ちょくちょくトラブル発生。

★マネージャーの対応に頭を抱えたこと数知れず。

★家賃高め。

 

といった感じでした。

冬の-10度20度の中、2人子連れで外出するガッツのないヘタレな私には、とても便利なアパートでした。

 

ただ、マネージャーの対応がなかなかヒドイ(苦笑)のと、家賃高めで「ボッタクリアパート」と呼ばれているそうです。

(モントリオールに長く住んでいる日本人の方が言っていました)

 

移住してすぐは家具付きの部屋に住み、落ち着いてからはIKEAなどで揃えて家具なしの部屋に移ったのですが、それぞれ家賃が月25万、13万くらいでした。

(両方、3 1/2という、リビング+キッチン+寝室1つ+バスルームの間取りでした)

 

部屋によって、だいぶ間取りや日当たりやキレイさが違うので、

ここに限らずですが、できればしっかり内見してから部屋を契約した方がいいと思います。

 

我が家は、まだ日本にいるうちにメールでやり取りをして、家具付きの部屋を契約しました。

(子供が小さいので、何日もホテル暮らしはできないと思っていたので、事前に決めておきたかった)

 

メールもなかなか返事が来なかったり、当日まで間取りや部屋番号は教えられないと言われたり、最初から???な対応でしたが、海外はそんなものなのかなぁと思って契約しました。

キレイだけど、日の全く当たらない家具付きの部屋に数ヶ月住んでいたときは、結構キツかったです。

モントリオールは冬が長いので、日当たりや部屋の明るさは重要だと思います。

(特に1日中家にいるような人にとっては)

 

**********

 

良い点の、地下にスーパーなどがある、ということを具体的に書いてみると、

 

f:id:montrealikuji:20180925215732j:plain

アパートのエレベーターを降りて通路を通って1分で、アジア系スーパーedenに辿り着きます。

 

f:id:montrealikuji:20180925215918j:plain

お向かいには、元気クレープがあります。

両方とも良いお店です。

 

 

montrealikuji.hatenablog.jp

montrealikuji.hatenablog.jp

 

 

f:id:montrealikuji:20180925220007j:plain

そして、このエレベーターで下りると、外に出ることなく、そのまま地下の他のお店に行けます。

 

ただこのエレベーターが曲者で、みんな操作方法に迷う&人に優しくないエレベーターです(苦笑)

ボタンをずっと押し続けないと動かないので、杖をついた紳士と一緒に乗った時、

「障害者とか弱い人のためのエレベーターなのに、ボタン押し続けないと動かないなんて、クレージーだと思わない?」

と話しかけられました。

あと、乗っている途中で壁が2面なくなるので、巻き込まれないよう注意が必要です。

(伝わりづらいですが、乗るとわかります。

ホーンテッドマンションの伸びる壁」のイメージです)

 

f:id:montrealikuji:20180925221523j:plain

地下に辿り着くと、スーパーmetroや、

 

f:id:montrealikuji:20180925221618j:plain

ドラッグストアのUNIPRIX、

 

f:id:montrealikuji:20180925221715j:plain

カナダの100均的存在、Dollaramaなどがあってとても便利です。

 

何故、写真が全部閉まっているのかというと、実はお正月に撮った写真だからなのです。

カナダでも1月1日は、お店はどこも閉まっていたので、へー、と思って撮りました。

 

f:id:montrealikuji:20180925221950j:plain

あとは、アジア系のフードコート2店や、ケバブ的なお店や、カフェも入っていて、ちょくちょく利用していました。

 

 

montrealikuji.hatenablog.jp

 


 f:id:montrealikuji:20180926214002j:plain

SAQという、モントリオールでよく見かけるリカーショップも入っています。

料理酒の代わりに、白鶴をよく買っていました。

写真のMANGA SAKEというのも、日本ではメジャーなお酒かのように売られていました。



他にも、修理もしてくれる靴屋さんや、

 

montrealikuji.hatenablog.jp

 

行ったことはないですが、歯科医院、ネイルサロン、美容院、カバン屋さん、写真館なども入っていました。

 

冬でも外に出ることなく買い物ができた、というのはこのアパートに住んで本当に良かった点でした。

 

 帰国してから忙しく、なかなか更新できなくなりましたが、少しずつ続きを書いていきたいと思います。

 

 

お肉嫌いの長女が食べる 親子丼

この3連休は、日本での新生活に必要なものを揃えたり、引っ越しした部屋を整えたりと、だいぶ忙しく過ごしました。


モントリオール移住前に、日本で使っていた家具や家電はほぼ処分してしまっていたので、一から揃えるのはなかなか骨が折れます。

まだまだやること盛りだくさんです。


子供がいるので家具は安めなもの(早々にダメになることが目に見えている…泣)、

家電は便利なもの(次女がよく動くようになってから、本当に体がいくつあっても足りないと感じるように…笑)、

という感じで選びました。


さて、この週末に作った親子丼が初めて長女にヒットしたようなので、忘れないうちに分量など記録しておこうと思います。



☆材料(大人2人&長女分)

・鶏肉 200gくらい

・卵 3個

・玉ねぎ 小1個

*しょうゆ 大さじ2

*みりん 大さじ2

*酒 大さじ1

*砂糖 大さじ1

*出汁 150cc


☆作り方

①フライパンに*を入れて、切った玉ねぎを煮る。

②鶏肉も加えて煮る。

③溶き卵を加えて蓋をして、半熟のところで大人分だけ取り出して、長女分の卵は完全に火を通して出来上がり。


f:id:montrealikuji:20180917220718j:plain

半熟になってきたところで、ふと子供達を見ると、

「タッタァ!(と聞こえる)」

と言いながら、1歳になった次女がドヤ顔で子供机の上で立ち上がっていたりで(どうやってのぼった…)、

わー!とドタバタやっていたら、大人の分まで固くなって失敗しましたが、長女が喜んで完食してくれたので良しとします。

「またつくってね」

と言われたので、嬉しかったです。


明日から、かなり忙しい日々になりそうですが、頑張りたいと思います。




モントリオール 珍百景

時差ボケで眠れない時、写真を見ていたら面白いものが出てきたので、いくつかご紹介します。

撮った時期はバラバラです。

 

 

f:id:montrealikuji:20180912203626j:plain

「栄養があるんだよ!」

どういうことかは全くわかりませんが、素晴らしいレタリングです。

 

 

f:id:montrealikuji:20180912204634j:plain

アマゾン カナダの荷物の放置っぷりに度肝を抜かれます。

よりによって、CAUTION HEAVY表示の荷物が通路のど真ん中に放置されていました。

 

 

f:id:montrealikuji:20180912204831j:plain

次女を抱っこして窓の外を眺めていたら、ロープが垂れているのに気付きました。

 

f:id:montrealikuji:20180912205019j:plain

サングラスをかけたお兄さんがスルスル〜っと降りて来て、

ベランダの手すりにガシャーン!と降り立って(スパイダーマンっぽかった)、

私達にピースして、またスルスル〜っと降りて行きました。

 

そこそこの高層マンションのそこそこの低層階に住んでいたので、

まさか屋上から降りて来たのか?!と、ビックリしました。

窓も開いていたので、たぶん変な人ではなく、何かの点検だった(と思いたい)ようで、よかったです。

 

 

f:id:montrealikuji:20180912205708j:plain

部屋からプールが見えるのですが、冬でも気温0度前後だと、普通に泳いでいる人がチラホラいました。

(この写真には写っていませんが)

 

水面から湯気が立ち上っているので、温水プールなのだとは思いますが。

泳いでいる間はいいとしても、

入るまで&出た後、ものすごく寒いと思うのです。

何故、それでも泳ぐのだろう…

色々気になって、冬の間は朝起きると、まずプールをチェックするのが日課になっていました。

 

 

f:id:montrealikuji:20180912210459j:plain

 

f:id:montrealikuji:20180912210527j:plain

以前、パンケーキの粉がダイレクトに箱に入っていた、と記事にしたのですが、ダイレクトシリーズの続きです。

(こちらのパンケーキ自体は美味しかったので、お土産にしたかったのですが、なんとなくスーツケースに入れる勇気が出ませんでした)

 

 

montrealikuji.hatenablog.jp

montrealikuji.hatenablog.jp

 

 

f:id:montrealikuji:20180912210631j:plain

 

 

f:id:montrealikuji:20180912210655j:plain

ベビー用パスタもダイレクトでした。

 

f:id:montrealikuji:20180912210748j:plain

ABCになっているので、長女に好評でした。

 

f:id:montrealikuji:20180912211059j:plain

二度と買うまいと誓ったのに、喉の痛みに負けて、また買ってしまったVicks…

 

f:id:montrealikuji:20180912211231j:plain

 

 

f:id:montrealikuji:20180912211258j:plain

開けるとこちらもダイレクト。

 

f:id:montrealikuji:20180912211349j:plain

残りの保存に困って、とりあえずこうしてみました。

(何が正解ですか?)

 

因みに、このVicksはただ甘いだけで喉には効かない気がしました。

飴を買うなら、個人的にはHallsをオススメしたいです。

色々な味があって、シュガーレスはさほど甘くないので、ずっと舐めていてもしんどくなかったです。

個包装のものもありました。

 

 **********


帰国してまだそれほど経っていないのに、モントリオールの大らかさが懐かしいです。

また少しずつ思い出を記録していきたいです。

 

 

 

帰国 モントリオール→成田 直行便③

f:id:montrealikuji:20180910163635j:plain

 

続きです。

 

④持ち込んでよかったアイテム

 

☆長女用フットレスト

 

 

今回のフライトでは、これが大活躍でした。

モントリオール時間で20時頃眠たくなってきたようだったので、空気を入れて足元に置いておいたら、これに足を伸ばして横になり、

21時から2時頃までなんと5時間も寝続けてくれました。

(やったー!)

 

実は、モントリオールに行くときも持ち込んだのですが、CAさんにどけるように言われてしまい、途中で畳むことになったアイテムです。

 

そのときは、トイレそばの最前列真ん中3つの座席だったので、邪魔になるから使わないで、

(足元が一応トイレへの通路も兼ねていたようです…そんなに広くなかったのですが)

ということだったようなのですが、

今回は、トイレや非常口等とは関係ない壁際の座席だったので、特に何も言われず使用することができました。

 

座席によっては咎められてしまう可能性がありますが、コンパクトに持ち運べますし、長女も楽に眠れていたようなので、今回あってよかったアイテムの1つでした。

 

 

iPad、子供用ヘッドホン

 

 

普段は見せないのですが、フライトは特別ということで(完全に親の都合ですが^^;)、こちらも持ち込むことにしました。

長女用にと思っていたので、事前に少しヘッドホンを練習させてからフライトに臨んだのですが、

実際機内で嬉しそうに使っていたのは次女でした。

 

お姉ちゃんが使っているのを見て、自分もやってみたかったのかもしれません。

DJのようにヘッドホンを付けて、ノリノリで画面を見ていました。

 

その頃長女は、次女用にと持ち込んだ、新しい布オモチャや歯固め、ぬいぐるみで遊んでいました。

 

それぞれにウケたものが意外でしたが、

2人とも大人しく楽しそうに過ごしてくれていたのでよかったです。

 

 

☆長女用ストローマグをもう1つ

 

機内でもらった飲み物を入れる用のマグを、いつものお茶用マグに加えて持ち込みました。

トロント旅行に行った際、もらったジュースをコップのまま持ちたがって大変だったので^^;

(揺れる、溢れる…!)

 

 

montrealikuji.hatenablog.jp

montrealikuji.hatenablog.jp

 

 

蓋のあるマグに入れたら安心して持たせられましたし、本人も普段はあまり飲めないジュースをもらえて嬉しそうでした。

 

 

☆食べ慣れている食べ物、お菓子

 

リクエストしておいた機内食がちゃんと出て来ない可能性に備えて用意しておきましたが、

持ち込んでいてよかったです。

 

montrealikuji.hatenablog.jp

 

 

 

⑤感想


長女が21時から5時間、

次女も20時から5時間寝てくれたのもあり、13時間のロングフライトではありましたが、

思っていたよりは大変な旅ではありませんでした。

 

どこか経由ではないので、

「着いてしまえば、そこは日本」

というのも心の支えでした。

直行便が出来て良かったです。

 

成田着だけあって、CAさんの中に2人、日本語を話せる方がいたので、なんとなく居心地も良かったです。

機体も新型できれいでした。

 

サービスは、エアカナダ、という感じでした笑

 

 

また何か思い出したら、追記したいと思います。

 

 

 

帰国 モントリオール→成田 直行便②

帰国してすぐ、全員蚊に刺されました。

たまたまかもしれませんが、モントリオールでは全く刺されなかったので、長女が腫れと痒みにビックリしています。


カニに食べられちゃったの…」

と言いながら、塗ってくれと自分でムヒを持ってきます。


f:id:montrealikuji:20180907101846j:plain


**********


さて、帰国時の記録の続きです。


機内食


・大人の機内食


離陸とともに、なんと子供2人ともお昼寝し始めてくれました。

(長女は自分の座席で、次女は私抱っこで)

いきなり手持ち無沙汰になり、


「たぶんこんなことしてる場合じゃないとは思う」

「そうだねぇ」


と言いながら、とりあえず機内のモニターを起動して、夫とオセロの対戦をすることにしました。

(さすが成田行きだけあって、邦画も結構入っていたのですが、観たいものが特にありませんでした)

子供が生まれてからゲーム対戦など久しくやっていなかったので、楽しかったです。


そうこうしているうちに、夕食が運ばれてきました。

次女がまだ寝てくれていたので、抱っこしたまま普通に食べることができました。

長女は起きてきましたが、まだ寝呆けていたので、CAさんに頼んで、後から出してもらうことにしました。


機内食は、夕食、夜食、朝食の計3回ありましたが、全てのタイミングで次女が寝ていてくれたので、ラッキーなことに全部食べることができました。

(たぶん無理だろうからと、大人用に少しお菓子など持ち込んでいました)



・次女の機内食


f:id:montrealikuji:20180908045438j:plain

大人の夕食と同じタイミングで、こちらの瓶2つを渡されました。

(予約時に、ベビーフードをリクエストしておきました。

エアカナダ体験談を聞くと、忘れられていることも多いようだったので、ちゃんともらえたことに少しビックリしました)


あと2回の食事の時は、次女が寝ていたからか、もらえませんでした。

(言えばもらえたのかもしれませんが)

予め日本から送ってもらっていたベビーフードを持ち込んでいてそれを食べさせていたので、瓶はお土産に持ち帰りました。



・長女の機内食


電話予約時に、キッズミールをリクエストしておいたはずなのですが、

「本日のフライトでは、キッズミールは積んでいません」

とのことで、出てきませんでした。

(ある意味、予想通りでした)


代わりに大人用の食事が出てきたのですが、

「おいしくないカラー(>_<)」

と言って、あまり食べられませんでした。

キッズミールが出てきていたら、ちょっと違ったのかな?


保険として持ち込んでいた長女の好きな食べ物や、機内食のパン、フルーツなどを食べさせて乗り切りました。



続きます。




帰国 モントリオール→成田 直行便①

なんとか無事に帰国することができました。

たくさんのコメントをありがとうございます(*´꒳`*)


子供達2人とも超絶時差ボケが続き、夕方倒れるように寝てしまい、深夜2時に起きてきたりで大変でした。

5日ほど経ってやっと落ち着いてきました。


f:id:montrealikuji:20180905205513j:plain


帰国には、2018年6月2日より始まった、エアカナダのモントリオール→成田直行便を利用しました。

覚えているうちに、フライトのことを記録しておきたいと思います。


①搭乗前の過ごし方

②座席

機内食

④持ち込んでよかったアイテム

⑤感想


**********


①搭乗前の過ごし方


モントリオール時間で、

14時モントリオール発、翌日3時成田着の、約13時間のフライトでした。


搭乗2時間半前にはモントリオール空港に到着しておきました。

荷物は、スーツケース3つ、ストローラー2台、リュックサック2つ、マザーズバッグ1つにまとめました。

スーツケース3つとストローラー1台は預け、他を手荷物として持ち込みました。

(もう1台のストローラーはギリギリまで次女が使用して、搭乗口で預けました)


子連れだと色々優先して通してくれます。

予め子供用の飲み物を1つにまとめておいたので、手荷物検査はスムーズでした。

子供の物は多めに持ち込んだので、飲み物こんなにあるんかい〜という微妙な顔を係員のお兄さんにされましたが、気にしません^^;


搭乗口近くまで一気に行ってから、軽くお昼を食べ、オムツ替えをしたりしていたら、それほど時間に余裕がありませんでした。

子供達2人とも眠たそうにしていましたが、機内でお昼寝してほしかったので、飛行機を見せたりお菓子をあげたりして、なんとか寝かせないように粘りました。




②座席について


座席は、大人2人と長女の分、計3席を隣同士でとりました。

(真ん中の3席ではなく、壁際です)

一番前の、足元が広い席を予約しました。

大人が座って足を伸ばしても、前の壁につかないくらいの広さがありました。


次女はつかまり立ちまでできるので、バシネットは使わせてもらえないと思い、予約時にリクエストはしませんでした。

(エアカナダHPに、「体重が12kg未満で、一人座りのできない幼児に限る」の記載あり)


f:id:montrealikuji:20180906005025j:plain


まだ歩けないとはいえ、動きたい盛りの次女には席がないので、どうなることかと思いましたが、

寝ているときは夫と交代で抱っこ、

起きているときは足元スペースで立ったり座ったり、おもちゃで遊んだりしてくれていたので、この座席にしてよかったと思いました。


ただ、一番前の座席は肘掛けが固定されていて上がらないので、

長女が寝たときに肘掛けを上げて親の膝枕で横に寝かせることができないことがネックでしたが、

持ち込んだアイテムを使って乗り切ることができました。


続きます。